ソーラーローンが低金利な理由

太陽光発電設備の導入を目的として金融機関から融資を受ける際は、一般的なローンと比べて低い金利で融資を受けることが出来ます。他のローンと比較して低金利で融資を受けられる主要な理由は2つあります。
1つ目の理由は、国の方針として再生可能エネルギーの普及を進めていることです。再生可能エネルギーを用いた発電設備導入に関して補助金を設定するなど、国の大きな国策として再生可能エネルギー導入を推奨しているために金利が低く抑えられています。
2つ目の理由は、融資金の回収リスクが低いということです。金融機関からの融資を受けて導入した太陽光発電設備は発電した電気を電力事業者に売却することで売電収入を生み出します。再生可能エネルギーの固定価格買取制度の恩恵で、高い価格で電気を買い取ってもらえますので、安定して収益を確保することが可能となっています。他の一般的なローンと比較して、融資金に対する債務者の返済負担が軽いため、返済リスクが低いと見なされて金利が低く設定されているのです。
また、融資にあたって団体信用生命保険の加入を義務付けている金融機関もあります。これにより、万が一の際の返済リスクが低くなっているというのも低金利の理由の1つでしょう。

Comments are closed.