ローンを組む際の審査条件

ローンを組む際の審査条件については、ローン際返済の能力が問われます。したがって、各種の制限が設けられています。しかし、太陽光発電ローンは、通常のローンに比べて審査基準は緩やかになります。それは、確実に売電によって収入を確保できる点にあるといえます。審査基準は、銀行によりおのおの異なりますが、年齢制限については、おおむね満21歳以上で、満65歳~71歳未満であれば、ローンを組むことが出来ます。また、最終返済のお歳については、71歳~82歳未満などと設定されていますので注意しましょう。

収入は、一般のローンと同じように、安定・継続した収入がある方が有利になります。なお、太陽光発電ローンでは、収入の条件が緩和され、ローンを行い易くなっています。また、一般のローンもそうでうすが、団体信用生命保険に加入できる方と言う条件や、保証会社の保証を受けられる方といった一般的な条件が付与されています。太陽光発電ローンを使って、初期投資を行い、売電で安定した利益を享受できますので、太陽光発電の初期導入資金が不足する方は、ローンを検討おすすめします。また、再生エネルギー売電単価が絡みますので、一日も早く決断し太陽光発電に参入されるのがお得といえます。

Comments are closed.