返済シュミレーションをしよう

太陽光パネルを設置して売電したり、自分の家で使う電力を賄おうという人が増加しています。
しかし、通常300万円以上かかる太陽光発電の費用を、現金で支払うことができる人ばかりではありません。
銀行では、そのような人に対してリフォームローンを企画しています。
銀行に相談すると返済シュミレーションをしてくれます。

しかし、問題は売電額で設置費用とローンの利息を賄えるかということです。
太陽光パネルの設置費用は、工事にかかる足場代等の固定費用と、太陽光パネルのように設置面積で費用が変わる変動費用に分けることができます。
設置によってどれだけ発電ができるかは、業者に相談することでシュミレーションをしてもらえますから、売電額もある程度予測ができます。

ローンですから、融資限度額は契約者によって変わります。
しかし、屋根の面積に余裕があれば大きなパネルを設置することで、発電量を増加させることで設置費用あたりの売電額を増加させることも可能です。
つまり、規模を増やすことで効率のいい発電をしようということです。

借入によって発電をしようというわけですから、少し企業家としての発想をしてみることで、早期に投下資本を回収していくことが可能になります。

Comments are closed.