変動金利のデメリット

太陽光設備導入に必要な費用を金融機関からの融資で調達する際、融資金にかかる金利タイプを変動金利にするとデメリットが数点ありますのでご注意ください。
固定金利と異なり、変動金利を選択した場合は市場金利が低下した場合に融資金にかかる金利が低下するため、月々の負担金が低くなるというメリットが有ります。ただし、この金利が固定されていない点がそのままデメリットにもなりえるのです。
大きく2つのデメリットが有りますが、まず1つ目のデメリットは返済完了までの返済計画が立てにくいという点です。融資金にかかる金利がその時の市場金利の変化を反映して再設定されますので、返済額が毎回変わることになってしまいます。
2つ目のデメリットは、市場金利が上昇した場合の返済額の増加です。変動金利の場合、市場金利が上がると融資金にかかる金利も自動的に上がりますので、返済額の増加が発生します。なお、金利の上がり方が非常に急だった場合は、月々の利息が毎月の返済額を上回ってしまい、未払利息が発生する場合もあります。
今後金利が低下するもしくは低金利が続くと予測するのであれば、変動金利は非常に魅力的ですが、景気回復局面などにおいては危険を伴いますので事前の検討を入念に実施して下さい。

Comments are closed.