太陽光発電が導入しやすくなる?ソーラーローンとは

プレゼント01太陽光発電を開始するにあたっては、購入費用などの初期費用にある程度まとまった金額が必要となります。例えば、太陽光パネルの購入費用は、規模やメーカーによって異なりますが、およそ100~200万円くらいかかります。そこで用意されているのがこの融資制度です。この制度を活用すると、導入負担を大幅に減らすことができます。またこの制度は、太陽光発電の導入時にオール電化のリフォームも一緒にやっておきたい、という場合にも利用することができます。しかし、リフォームとして認められるのは、オール電化関連費用、外壁、屋根改修費用、水周りや内装の改修費用となっていますので、事前にご確認ください。次に、この融資制度は銀行や信販会社で取り扱っている他、販売会社やメーカーでも独自の融資制度を用意している場合があります。提供元によって融資内容に多少の差はありますが、金利は全体的に住宅ローンといった他のローンに比べて優遇されていますし、大半は担保不要となっています。なお借入金についてですが、最大1000万円で、ローンの期間は最大15年、という条件が一般的に多いようです。また地銀によっては借入金が最大500万円であったり、ローンの期間が5年までという場合もあります。